レシピ 食べ物

生地がリッチ!美味しいアップルマフィンを作りました!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みなさんこんにちは、mayukouです。
休日に、アップルマフィンを焼きました。マフィンを作るのは、人生で2回目ですが
なんとかうまくできました。
お菓子を作るのは、本当に力仕事です。
思った以上に体力がいります。
フードプロセッサーなどを使わないからかもしれませんが。
特に、バターを混ぜるのは至難の技です。ここをしのげばだいぶいいですが。
今回は、材料を計量し、焼きあがるまでに約1時間半で作り上げ、お昼3時過ぎにティータイムができました。
その方法をご紹介します。

材料(10個分)所要時間1時間半

  • アップルフィリング(りんごを砂糖とレモン汁で煮たもの)…適量
  • 無塩バター…140g
  • グラニュー糖…160g
  • 薄力粉…200g
  • 卵(常温)溶いておく…2個
  • ベーキングパウダー…3g
  • 塩…ひとつまみ
  • 牛乳…80g
アップルマフィンの材料

生地の材料

アップルマフィンに入れるアップルフィリング

アップルフィリング

 

作り方

  1. バターは常温に戻し、大きめのボウルに入れて泡立器で白っぽいクリーム状になるまで混ぜます。常温に戻してもバターが固い場合は、電子レンジで600wで30秒ほど温めましょう。
    バターをゴムベラで

    始めはゴムベラで潰しながら

    泡立器でバターを混ぜる

    泡立器でバターを混ぜる(ここ力仕事!)

  2. バターが白く滑らかになったら、少しずつグラニュー糖を入れて混ぜます。
  3. バターとグラニュー糖が滑らかにすり混ざったら、卵を少しずつ入れます。(分離しないようにしましょう)
    卵とバター&砂糖

    卵を入れる

    卵を入れる

    卵を分離しないように少しずつ入れる。

  4. 別のボウルに薄力粉とベーキングパウダー、塩を混ぜふるっておきます。

    粉を振るう

    粉を振るう

  5. 4と牛乳を3に交互に入れ、ゴムベラで切るように混ぜます。

    生地が出来上がり

  6. 生地が滑らかになったところで、マフィンカップに入れていきます。

  7. 6にさらにアップルフィリングを乗せます。
  8. 180度で25〜30分ほど焼いて出来上がりです。
アップルマフィンと紅茶

出来上がりは紅茶と一緒に

最後に

いかがでしたか?バターを混ぜるところが力が入りますが、そこを頑張ればあとは楽になりますよ。ぜひお試しください。

mayukou

福岡生まれ、福岡育ち、在住。福岡生活が長いです。日々のつまづきを学びに変えブログ記事にするという快感を覚えるブログ中毒者。最近、落ち込まないスキルを手に入れました。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

1 Comment

Leave a Reply