メンタル ライフハック

悔しさや痛みが自分を成長させる。だから嫌なことがあってもポジティブに受け入れよう。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

日々生活していると、悔しいこと、傷つくことがあるかと思います。立ち直るのに少々時間がかかってずっと気分が落ち込んでしまったり。
でも心のダメージが大きいほど良い。次から絶対失敗しないようになるからです。まあ良いか〜と自分の気持ちをごまかすのはちょっと危ない?気にしすぎるのも危ないので、ほどほどというのも大切ですが。

悔しさや失敗は必要悪

悔しさや失敗は、「必要悪」だと思っています。つまり、嫌なことではあるけれど
自分の成長に必要だったこと。
失敗しなければ、気づかなかったこと。
失敗に気づき、心の手綱を締めていかなければいけないことなのです。
もちろん、取り返しのつかないことはできるだけ避けたいですが、
毎日、日々努力して、仕事を頑張った上での失敗であれば、
快く受け入れるようにしましょう。自分を責めすぎないように。

時が経ち、30代半ばごろになると、
それなりに経験を積んできます。
それに伴い、自信もついて来る。
とはいえ、やはり失敗することもあります。
そんな時は、失敗を受け入れて、前向きに頑張りましょう。
失敗を受け入れないことが、一番いけないこと、というのは、よく言われますね。

失敗すれば、自分自身に気づきを与え、自分のアイデンティティの枠組みを浮き立たせてくれます。
強くなるのです。自分自身の考え方の無駄が省かれ、洗練されます。失敗する要因が一つ減るのです。
毎日失敗しなさいとはいえませんが、
仮に失敗しても、落ち込みすぎないようにしましょう。
失敗しても、気づいて良かったと喜べるようになりましょう。失敗は、毎日生きている証拠。挑戦している証拠です。

ということで、失敗しても気持ちを明るく前向きに頑張りましょう。

mayukou

福岡生まれ、福岡育ち、在住。福岡生活が長いです。日々のつまづきを学びに変えブログ記事にするという快感を覚えるブログ中毒者。最近、落ち込まないスキルを手に入れました。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Leave a Reply