レビュー

エッセイ本を読むと、空気が変わる。はあちゅうのエッセイで気分転換のススメ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

本って、ただだの紙の塊なんですがこのパワーを侮るなかれ。
開けばそこは異世界が広がっています。
私は小さい頃、読書が苦手で、漫画ばかり読んでいたんですが、
高校の頃から本を読むようになりました。
高校の時、勉強の逃避から昔の小説(夏目漱石など)を読んだりしました。
大学時代はもっぱら実用書が多く、小説など滅多に読まなくなった私。
そんな私ですが、ブロガーで作家のはあちゅうの本は読んだりします。
なんだかセカセカと気がせってしまうときは、彼女の本を開いてみましょう。
彼女の文章の独特の空気感に引き込まれ、
疲れがふっと飛んでいきます。


疲れた人は、読んでみてほしい。

本のタイトルはその名も、
「疲れた日は頑張って生きた日」

働く女子のあるあるが書かれています。
たまに下ネタを挟んでくるのは、
好き嫌いがあるかもですが、
食べ物への愛が語られていて
読んでいるだけでそれを食べたくなり癒されます。
表現が可愛いんです。

本にも書いてありましたが、
疲れたときは軽めのエッセイが気分転換になる、と。
これには完全同意で、
エッセイは頭の軽い体操をさせてくれる感じで、
心地よく力が抜けていきます。

エッセイは想像力を掻き立てて、
現実世界と離してくれるから、
ストレスがふっと消えるのでしょうね。

彼女の最近の印象はSNSの炎上だったり、コミュニティ運営だったりSNSの動きから目が離せないですが、
小説やエッセイも秀逸ですので多才です。

最後に

疲れたときは、
ぜひはあちゅうのエッセイ本を開いてみましょう。
はあちゅうじゃなくても、エッセイが心を軽くしてくれますよ。

mayukou

福岡生まれ、福岡育ち、在住。福岡生活が長いです。日々のつまづきを学びに変えブログ記事にするという快感を覚えるブログ中毒者。最近、落ち込まないスキルを手に入れました。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Leave a Reply