メンタル ライフハック 独り言 生活

人生に迷う。道しるべがないと感じた時の打開策【迷える人へ】

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

何もかもうまくいかず、人生の路頭に迷ったら。人生の出口が見つからなかったら。
「苦しい…」そう呟きたくなりますね。目の前が地獄に感じられて、明日生きるのも辛い時。
もうどうすることもできない、出口が塞がった状態は精神的にきついですよね。
本当に抜け道はあるの?と疑い始めると、
もう何もしたくなくなります。
今年は厄年の私ですが、あまり厄年だからと片付けたくはありません。
でも、大丈夫。辛いことは長くは続きません。
今回は、私が八方塞がりになった時の打開策を考えましたので、
ご紹介します。この方法で幾度となく精神的なピンチを切り抜けてきました。

路頭に迷った時に、救ってくれる言葉

自分はどこに向かっているんだろう。
進むべき道しるべが見えない時。
道がないことは時に恐ろしいです。
でも、こう考えることはいかがでしょうか。

「道しるべがないこと、それは喜べること。なぜなら誰も通ったことない道を通る、パイオニアになれるから」

自分が抱えている問題の後ろにはたくさんの人がいる、と言われています。
つまり、問題を解決したら、他の多くの人も助けられているかもしれないのです。
そのためには、夢や希望を心に抱いておく必要があります。光を見ないと、前に進めないからです。

道しるべがないということ、それは、道を作るということ。
そして、前を向いて進んで行くには、夢を忘れてはいけません。

「逆境が物語のスタートだ」

この言葉も辛い時の味方になってくれる励ましです。逆境であることを逆手にとって、
人生に挑もうという気概が感じられる言葉です。
これは、ブロガーであるはあちゅうさんのメルマガに出てきた言葉です。

道は作るもの

昨年の音楽フェスの番組で年配のアーティストが励ましの言葉にこう言っていました。
「道はたどるものではなく、作るもの」
また、嵐の相葉くんは紅白の時に、「夢だけが前を向く道しるべ」のようなことも言っていました。
有名な人ほど、夢を大切にしている、そんな印象も感じられます。

道しるべがないならば、夢のために何が何でもやってみるが勝ち。
成功するまでがんばること。
やり続けること。
諦めないこと。
やってみたいことをやってみる。それだけ。

前に進むために具体的に何をしたらいいでしょう

何も出口が見えず、悶々としてしまうこともあるかもしれません。
待つことも大切ですが、何かアクションを起こすことも、
成長するきっかけとなります。

例えば、

仕事に打ち込んでみる。
勉強してみる。
本を読んでみる。
本に書いてあったら、先人の言った通りにやってみること。
何も信じられないならば、占いを信じてみること。
風水を信じてみること。

何か、できることから始めること。
掃除してみること。
机の上を片付けること。
正負の法則を信じること。
大切なのは、失敗しても歩き続けること。進み続けること。
もう無理!というところまで力を出し切ってみよう。
それは、ストイックに運動する筋トレと同じ。

もう無理!って言うときはチャンス

最近流行りの占い師、しいたけさんの励ましのようなコラムを読みました。
もう無理!って言うときに、諦めず立ち向かう人が運の強い人、と説いています。
しいたけさんは、前に進むための絶妙なアドバイスをくれます。いつも予想を超えたアドバイスで、そう来るか!と面白く読んでいます。
運命を決めるものは何か。

最後に

いかがでしたでしょうか?夢へのビジュアルイメージがあるならば、
未来のそのイメージに向けて進み続けることです。人生の励ましの言葉などをご紹介しました。道に迷ったら、参考にしてみてください。

mayukou

福岡生まれ、福岡育ち、在住。福岡生活が長いです。日々のつまづきを学びに変えブログ記事にするという快感を覚えるブログ中毒者。最近、落ち込まないスキルを手に入れました。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Leave a Reply